住民健康講座

住民健康講座要旨

第198回平成26年2月13日(木)『糖尿病合併症とターミナルケアのお話』
  • 場所津市久居公民館
    津市久居元町2354
  • 講師井上内科病院
    院長 中﨑隆弘先生
  • 講演要旨糖尿病合併症は、微小血管合併症と大血管合併症に分けて考える。
    前者には3大合併症である、神経障害・網膜症・腎症がある。
    後者には虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)・脳梗塞・閉塞性動脈硬化症(足壊疽ここに入る)H24年の日本の死因ベスト4である、①癌・②心疾患・③肺炎・④脳疾患の下位3つに関係する糖尿病はまさに恐ろしい国民病である。
    この恐ろしい糖尿病の早期発見・早期治療のため(それはしいては闘病生活をおくらず、不幸なターミナルステージをむかえないように自分自身と家族のために)年に1度の津市「特定健診」の採血検査を受ける事である。 
ページの先頭へ