住民健康講座

住民健康講座要旨

第249回平成31年3月14日(木)『知って役立つ回復期リハビリテーション』
  • 場所津市久居総合福祉会館
    津市久居東鷹跡町20-2
  • 講師藤田医科大学七栗記念病院
    病院長 園田 茂先生
  • 講演要旨医療は急性期、回復期、維持期に分けられています。それぞれに分化し、そして連携するように厚生労働省が方向付けているのです。病気になったら急性期病院に入院し、症状が残るようだと回復期に移るといった具合です。
    その回復期のために、回復期リハビリテーション病棟があります。リハビリテーションでは、治せるものはなおしますし、なおせないなら、補ったり、別の手段で実現したりします。言ってみれば両面作戦です。リハビリテーションは病気に対してというより、症状に対応する医療です。
    回復期リハビリテーション病棟は2000年に始まり、いまは80000床ほどに増えました。対象疾患があり、その発症から2ヶ月(病気によっては1ヶ月)以内に入院しないとなりません。回復期リハビリテーション病棟では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の訓練のみならず、看護師や介護福祉士が病棟で日常生活の練習をして、チームで治療に当たります。リハビリテーション科専門医がいるとより良いです。そして、家に帰ったときのことを考えてリハビリテーションを行います。近年、ロボットを用いたリハビリテーションも始まっています。
ページの先頭へ