住民健康講座

住民健康講座要旨

第257回令和2年1月9日(木)『お風呂と上手につきあおう!~意外に多い?家庭での溺れ~」』
  • 場所津市久居公民館
    津市久居元町2354
  • 講師近藤眼科
    院長 近藤美紀子先生
  • 講演要旨(1)入浴の健康効果について
      ①温熱作用
      ②静水圧効果
      ③浮力作用
      ④粘性・抵抗性作用
       上記について、また、それが体に与える影響について説明。

    (2)入浴の危険性について
      緊急搬送データから、溺水の件数について、年齢と溺水についてなどの
      説明。
      緊急搬送では交通事故よりも件数が多いこと、高齢者では溺水者が増加、
      特に高齢化に伴い増加することなど。

    (3)入浴急死の三大因子について

      三大因子:心疾患、脳血管障害、溺水

      心疾患、脳血管障害は入浴による血管拡張による血圧の低下、高温浴に
      よる血圧の上昇などが誘因となることがあることなど。

    (4)お風呂での意識障害について
      ①予防的な準備、入浴方法などについて。
      ②お風呂での意識障害に遭遇した際の対処について。
        溺没の予防に努めることを、まず、」最初に。
        溺水においての一次救命処置の重要性。
ページの先頭へ